FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

中国のフィンテック企業が相次いで香港市場で上場を計画している。



Robyn Mak

[香港 2日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国のフィンテック企業が相次いで香港市場で上場を計画している。中国電子商取引大手アリババ・グループ・ホールディング(BABA.N)などのハイテク企業は香港を避けて米国で上場したが、世界に同業他社の少ないフィンテック企業にとっては、香港市場の方が居心地が良いようだ。数十億ドル規模の上場が数件実施されれば、香港市場は今より活気付くかもしれない。

報道によると、世界有数のフィンテック新興企業数社が香港上場を計画中。アリババ傘下のアント・ファイナンシャル・サービシズ・グループや中国最大のピア・ツー・ピア(P2P)金融会社、陸金所(Lufax)、アントと騰訊控股(テンセント・ホールディングス)(0700.HK)が支援するオンライン保険の衆安保険などだ。3社の企業価値は合計870億ドルに上る見通し。3社を支援するベンチャーキャピタルは、上場時に企業価値をさらに上げるつもりだろう。

上場は恐らく来年になる。国際資本市場に対する中国の玄関口を自負する香港市場にとっては快挙だ。中国のハイテク企業はこれまで上場場所に米国を選んできた。グーグル(GOOGL.O)やアマゾン・ドット・コム(AMZN.O)などの競合企業が存在し、このセクターに知悉した投資家やアナリストが米国に多いことが一因だ。議決権に関する米国の規則の緩さも影響した。中国最大の電子商取引会社、検索エンジン会社、短文投稿サイト会社がそろってニューヨークに上場している。

しかし新世代のフィンテック企業はわけが違う。例えばアントは中国最大のモバイル決済サービス「アリペイ」を運営するほか、オンライン銀行や資産運用部門を抱える。香港の投資家の方が米国よりもこうした事業をよく理解しているだろう。

香港市場には、さらに大きなご褒美がもたらされるかもしれない。香港の主要株価指数であるハンセン指数の半分超を占める旧来型の金融・不動産企業から、成長が早く革新的な企業への移行が進むということだ。目下のところ、新規上場は中国本土の国有銀行・企業が大半だが、フィンテックの有望企業が2、3社上場すれば、多くの企業が後に続く可能性がある。

●背景となるニュース

*8月24日の付の米ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、ピア・ツー・ピア(P2P)金融会社、陸金所(Lufax)は2017年末までに香港市場に上場する準備をしている。平安保険(2318.HK)傘下の同社は1月、12億ドルの資金調達を行い、当時の企業評価は185億ドルだった。

*8月29日にブルームバーグが伝えたところでは、オンライン保険、衆安保険の最高財務責任者は、1年から1年半以内の香港上場を目指していると述べた。ブルームバーグによると、同社の企業価値は80億ドル。

*ブルームバーグが8月25日に報じたところでは、アント・ファイナンシャル・サービシズ・グループも2017年前半の香港上場を検討中。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです