FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

iPhone、出荷台数は減少も利益シェアは拡大





 米国の市場調査会社、ストラテジー・アナリティクスがこのほど公表した世界のスマートフォン市場に関するリポートによると、今年7~9月における出荷台数は3億7540万台となり、1年前から6.0%増加した。


 この伸び率は数年前のピーク時に比べると低い水準だが、この1年間の四半期伸び率としては最大だったという。

 こうした若干の回復は、低価格スマートフォンの普及が進んだアジア、アフリカ、中東などの新興国市場によって支えられた。とりわけインドと南アフリカではその傾向が顕著だったと、同社は報告している。

iPhone、3四半期連続前年割れ

 この7~9月期の出荷台数をOS(基本ソフト)別に見ると、米グーグルの「Android」が3億2860万台となり、1年前から10.3%増えた。Androidの出荷台数シェアは1年前の84.1%から87.5%に拡大し、過去最大となったという。

 これに対し、米アップルの「iOS」、つまりiPhoneの出荷台数は4550万台で、同5.2%減少。そのシェアは1年前の13.6%から12.1%に縮小した。iPhoneは中国とアフリカ市場で振るわなかったとストラテジー・アナリティクスは指摘している。

 これは、アップルが先頃決算発表で開示した販売実績と一致する。それによると、今年7~9月期におけるiPhoneの販売台数は4551万3000台となり、1年前から5%減少した。

 iPhoneの四半期販売台数の伸び率は、昨年7~9月期まで2桁台を維持していた。ところが、iPhone 6sシリーズ発売後の昨年10~12月期はわずか0.4%増と微増にとどまり、その後は同16%減、同15%減と推移し、今年7~9月で3四半期連続の前年割れとなった。

アップルの利益シェア、過去最大に

 一方で米フォーブスの11月4日付の記事を見ると、違った状況が見えてくる。

 これは、米金融サービスBMOキャピタルマーケットのリポートについて伝えている記事だが、それによるとiPhoneの今年7~9月期における業界全体に占める営業利益シェアは103.6%となり、過去最大を記録したという。

 なぜ、シェアが100%を超えたのかというと、スマートフォン業界では赤字を出しているメーカーがあるからである。その計算方法は次のようなものだ。

仮にアップルが100ドルの利益を出し、ほかのメーカーが10ドルの赤字を出したとする。すると業界全体の利益は90ドルになる。アップルの利益はこれを上回っており、よってその利益シェアは100%を超える。
 BMOキャピタルマーケットによると、今年7~9月期は韓国LGエレクトロニクスや台湾HTC(宏達国際電子)などのメーカーがスマートフォン事業で赤字を出した。

 これと同様のリポートはこれまでにもあった。例えばカナダの投資銀行、カナコード・ジェニュイティは、昨年7~9月期におけるアップルの利益シェアが94%となり、韓国サムスン電子は11%だったと報告した。

 詳しく見ると、同四半期におけるアップルのスマートフォン事業の営業利益は177億8000万ドル、サムスンは20億8000万ドルだった。

 両社の営業利益を合わせると198億6000万ドルだが、これから他社の赤字額を差し引いた業界全体の営業利益は189億4000万ドル。これにより両社の利益シェア合計は100%を超えた。

 そして、アップルは今回出荷台数が減少したにもかかわらず、利益シェアをさらに伸ばした。「アップルは1社だけで100%を超える利益シェアを確保しており、収益性が世界で最も高いスマートフォンメーカーというその地位をさらに強化した」とフォーブスの記事は伝えている。

Androidは「難攻不落」だが「過密状態」

 前述のストラテジー・アナリティクスのリポートによると、今年7~9月は、AndroidとiOS以外のOSの合計シェアが1年前の2.3%から0.3に%縮小した。「BlackBerryとWindowsは、そのほとんどが市場から姿を消した」(ストラテジー・アナリティクスのエグセクティブディレクター)という。

 また同社は、現在のAndroidのスマートフォン市場における地位を「難攻不落」と表現している。「低価格のサービス、使い勝手の良いソフトウエアは、依然ハードウエアメーカー、通信事業者、消費者にとって魅力的」という。

 ただし、Android市場は数百ものメーカーが参入しており、過密状態。「Androidスマートフォンの市場ではごく少数のメーカーだけが利益を上げている」と同社は指摘している。





関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです