FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

自動車値上がり首位、銀行軟調、横河ブリやアイロム高い



25日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。
  自動車株:トヨタ自動車(7203)が前日比1.5%高の6689円、日産自動車(7201)が3.4%高、三菱自動車(7211)が6%高など。輸送用機器は東証1部業種別上昇率1位。SMBC日興証券は自動車メーカー7社の2017年3月以降の為替前提を従来の1ドル=100円から110円に変更、今期以降の業績予想を上方修正した。中でもトヨタは目標株価を6800円から8000円、日産自は1600円から1800円へ上げ、それぞれ投資判断「アウトパフォーム」を継続した。
  FPC関連株:住友電気工業(5802)が1.6%高の1634.5円、NOK(7240)が3.4%高の2294円など。住友電工は非鉄金属指数の上昇寄与度首位。メリルリンチ日本証券では、非鉄セクターの中で為替感応度が高い銘柄として住友電工を挙げた。さらにNOKを含めた2社について、上期業績はフレキシブル配線板(FPC)で悪化が鮮明となったものの、「iPhone(アイフォーン)」の生産は好調で生産計画は上方修正されると予想。FPC不需要期の1-3月期でのFPC需要増から各社とも見直される可能性があるとの見方を示した。

  銀行株:三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)が2.3%安の661.7円、三井住友フィナンシャルグループ(8316)が1.5%安、みずほフィナンシャルグループ(8411)が1.6%安など。銀行は東証1部業種別下落率1位。直近大幅上昇の反動に加え、きょうの40年債の入札結果を受けて午後にかけて債券市場で買いが優勢となり、長期金利が低下したことも株価を押し下げた。
  不動産株:三井不動産(8801)が2.7%安の2694円、住友不動産(8830)が1.8%安、東京建物(8804)が4.2%安など。不動産は東証1部業種別下落率2位。ドイツ証券では3社の投資判断を「買い」から「ホールド」に引き下げた。目標株価の達成が要因。
  非鉄金属株:住友金属鉱山(5713)が1.2%高の1592円、DOWAホールディングス(5714)が1.1%高、三井金属(5706)が2.3%高など。24日のロンドン金属取引所(LME)の銅相場(3カ月物)は前日比2.2%高の1トン=5868ドルと、終値ベースで15年6月以来の高値を付けた。亜鉛も8年ぶりの高値を回復しており、金属市況上昇の恩恵を受けると期待された。
  横河ブリッジホールディングス(5911):8.7%高の1292円。野村証券は投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。予想される公共事業費の増加や高速道路の大規模更新の増加で架橋事業での受注が大きく拡大と指摘。18年3月期営業利益予想を従来の70億円から85億円に増額した。目標株価は1140円から1510円に上げ。
  住友化学(4005):2.9%高の531円。野村証券では、岩国工場見学ではリチウムイオン電池用セパレータ向け超高分子量ポリエチレン・ミリオンなど、今後も複数の機能性樹脂の売り上げが成長できる点を確認したと評価。また、みずほ証券でも、愛媛・大江両工場の見学で操業難易度が高い製造設備を効率的に運用しているとの印象を受けた、としており、生産設備や工程に対する再評価が相次いだ。
  アイロムグループ(2372):9.8%高の1730円。子会社のIDファーマが臨床用iPS細胞作製キットを発売した、と25日朝に発表。今回発売したのは「CytoTune-ips2.0LG」で、11年から全世界で販売しているセンダイウイルスベクター技術を用いた研究用キット「CytoTune-iPS」の臨床用版。研究用よりもがん原性の低いL-Mycを用い、遺伝子治療・再生医療向け臨床用GMPベクター製造施設での量産化を予定している。
  関東電化工業(4047):4.9%高の902円。メリルリンチ日本証券は化学・金属セクターリポートで、同社が22日午後に行ったアナリスト説明会の内容に言及。非常に高い車載用電解質の成長を確認し、リチウムイオン電池(LiB)材料企業にポジティブな示唆だったと指摘した。 
 
  日本特殊陶業(5334):1.5%高の2435円。みずほ証券は業績予想と目標株価を引き上げた。燃費改善要求の高まりや排ガス規制強化などからプラグ・センサーの需要は引き続き堅調と指摘。17年3月期の営業利益予想を400億円から480億円(会社計画は前期比29%減の471億円)、来期は435億円から465億円へ増額した。プラグ・センサーの堅調な需要を受けバリュエーション基準を18年3月期から19年3月期へ変更、目標株価を2100円から2700円に見直した。
  エーザイ(4523):1.2%高の6640円。大和証券では同社が開発中のアルツハイマー病(AD)治療剤「アデュカヌマブ」が長期的で飛躍的な利益成長をけん引する公算は引き続き大きいと指摘。投資判断「買い」、目標株価8300円を継続した。競合薬「ソラネズマブ」を開発していた米イーライ・リリーは23日、第3相臨床試験の失敗と承認申請の断念を発表していた。
  ライドオン・エクスプレス(6082):1.3%安の899円。いちよし経済研究所は投資判断を「買い」から「中立」に下げた。投資負担増加や競合の出現などを考慮して17年3月期以降の営業利益見通しを下方修正したことやリスクを見直したことが要因。新たなフェアバリューは1000円。
  ビューティガレージ(3180):1.6%高の1204円。エステサロン向けなどの美容商材通販サイトを運営する同社は、鍼灸接骨院「ほねつぎ」を全国展開するアトラ(6029)と業務提携すると発表。Bガレージの扱う商品を「ほねつぎ」、アトラのサイトを通じ鍼灸接骨院に販売するほか、オリジナル商品の開発も行う。Bガレージにとっては営業チャネルの拡大につながるとみられた。アトラも1.8%高。  
  ビジネス・ブレークスルー(2464):80円(24%)高の411円でストップ高。12月1日付でマザーズから東証1部への市場変更の承認を受けたと発表。流動性向上や投資家層の拡大が期待された。 
  トレックス・セミコンダクター(6616):5.8%高の1454円。いちよし経済研究所では、円安反転などを踏まえて業績予想を増額修正。フェアバリューを1800円から2300円へ引き上げた。投資判断は「買い」を継続。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです