世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

GPIF、米インフラ投資に関心



 【東京】年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の高橋則広理事長は30日、米国のトランプ次期政権下で外国資本へのインフラ市場開放がより進むことを期待すると述べ、GPIFとして投資意欲があることを示唆した。

 GPIFはこのところ株式や海外資産へ投資する割合を増やしてきたが、今年に入ってからは円高や世界経済の先行き不透明感で裏目に出ていた。しかし米大統領選でのトランプ氏勝利を受けた市況の好転で、GPIFの運用実績も急回復している。

 ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューに応じた高橋理事長は、中国などの新興国や欧州の調子は優れないと指摘し、トランプ次期政権下で米国が世界的な経済の安定に大きな役割を果たし得るとの見方を示した。

 トランプ氏は10年間で1兆ドル(約110兆円)相当のインフラ投資計画を政策の優先事項に掲げ、選挙戦の勝利演説でも「高速道路、橋、トンネル、空港、学校、病院を再建する」と語りかけた。

 高橋理事長は、米国で質の高いインフラ資産への投資に関心があると話した。だが米インフラ市場が従来、欧州やオーストラリア、カナダほど外国人投資家に門戸を開いてこなかったことにも言及した。

 GPIFとしては来年、インフラ投資先を選定するゲートキーパーを決める考えだという。3月末時点のインフラ投資額は約810億円と、GPIFの運用総資産の0.1%に満たない。

 高橋理事長は、金利や物価にかかわらず「安定したキャッシュフロー」の生まれることが長期投資家にとってのインフラ投資の魅力だと説明した。

 一方、トランプ氏が改善を約束した中間層の生活水準が減税やインフラ投資で必ずしも大きく向上するわけではないため、より長期の視点では米国経済にそれほど楽観的になれないとしている。

 「(トランプ氏に)投票した人たちの生活が本当にある程度改善するかというのは、やはりもう少し長期的な目で見ないと分からないのではないか」と述べた。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報