世界の風Navi

陸マイラーSAWA、米国株中国株倶楽部225ファンド「大好きな事で稼ぎましょう」

Entry

アリババの投資ラッシュを検証する-狙いは独自の生態系の強化



中国のアリババは国内の電子商取引を支配するほどの成長を達成した。今進めているのは買収を活用し独自の生態系を強化することだ。その幾つかを検証してみたい。
  ラザダ:
  アリババは10億ドル(約1150億円)で新たな市場に打って出た。すでに中国で達成した電子商取引での成功を東南アジアでも再現しようと、同業のラザダを買収した。



  優酷土豆:
  動画ストリーミングを展開する優酷土豆の買収額は約50億ドル相当とされる。アリババにとってこれまでで最大の投資であり、コンテンツ提供と独自のエンターテインメント生態系の構築を目指す戦略の一環だ。テンセント・ホールディングス(騰訊)や百度(バイドゥ)といったライバル企業もコンテンツ事業を強力に推し進めている。




  滴滴出行:
  アリババが支援してきた配車アプリ「快的」はその後、テンセント系の「滴滴」と合併した。こうして誕生した滴滴出行は8月、米ウーバー・テクノロジーズの中国事業を買収すると発表し、両社が中国市場で繰り広げてきた利用客とドライバーの争奪戦に終止符が打たれた。
  蘇寧雲商:
  家電小売りの蘇寧雲商を傘下に収めたことで、アリババの物流が強化され、都市部のみならず、中国全土の顧客にアクセスする能力の大幅強化が示唆されている。



  ジャスパー・インフォテック:
  スナップディールを傘下に置くジャスパー・インフォテックを通じ、アリババはインドに足掛かりを確保した。アリババの馬雲(ジャック・マ)会長は、インドを10年前の中国のような急成長市場だとみている。
  魅族:
  スマートフォンを手掛ける魅族に出資したアリババは自社開発のスマホ用基本ソフト(OS)を搭載する携帯電話を増やし、中国市場で米アップルの「iOS」や米アルファベットの「アンドロイド」に代わるOSに育て上げる考えだ。
  サウスチャイナ・モーニング・ポスト:
  テクノロジーとオフラインのあらゆる分野に関与してきたアリババだが、香港で最も古い英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストを買収することで、政治的影響力を手に入れ、伝統的なメディア業界での基盤を確保した。






関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報