世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

日米同盟「強化」約6割、来年の景気「一進一退」51% 第303回解説 編集委員 木村恭子

 日米両国のトップがそろって旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を追悼する施設を訪れ、献花し黙とうをささげました。電子版の読者の皆さんには、このイベントが行われる前に、日米同盟が強化されると思うかどうかをお聞きしたころ、「思う」との答えが59.1%を占め、「思わない」(33.3%)を25.8ポイント上回りました。


画像の拡大
 また、2017年の景気予想では、「一進一退」が51.7%と最も多く、「上向く」(27.3%)、「腰折れ」(17.6%)と続きました。15年末に16年の景気についてお聞きした際には、「一進一退」「腰折れ」「上向く」の順番でした。17年については「一進一退」と「腰折れ」との答えがそれぞれ前年に比べて7.1ポイント、2.4ポイント減った一方で、「上向く」が9.7ポイント増え、好景気への期待が高まっていることが明らかになりました。



 米ハワイを訪れている安倍晋三首相は日本時間の28日早朝に、来月に任期を終えるオバマ米大統領との日米首脳会談に臨んだあと、太平洋戦争の発端となった75年前の旧日本軍による真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの乗組員を追悼する「アリゾナ記念館」を訪れ、献花して黙とうをささげました。

 現職として初めて安倍首相がアリゾナ記念館を訪れたことは、オバマ大統領が今年5月に被爆地・広島を訪問し献花したことの事実上の返礼ともいえます。

 こうした歴史的なイベントを受け、日米同盟が強化されると「思う」と答えた読者の中には「遅すぎる」(68歳、男性)との感想もあるほどで、今回の安倍首相による訪問が、日米間に残るわだかまりを解消するのに大きな一歩になるとのコメントが多く寄せられました。

 「日本の首相が慰霊することにより、米国に残る反日感情は次第に消える。真珠湾が過去の歴史になり、公開された米公文書を基にした真珠湾攻撃の真実が理解され、同盟は強化される」(66歳、女性)





 ただ、「両国民の感情的には融和ムードは高まり、日米同盟は強化される方向に向かうだろう。ただし、トランプ次期大統領がどう動くかは別問題」(61歳、男性)として、来年就任するトランプ氏の動向に注目するコメントが目立ちました。

 今回の日米首脳が訴えた未来志向の日米関係について「トランプ次期大統領は評価すると思う」(56歳、男性)と考える読者がいる一方で、日米同盟が強化されるとは「思わない」と答えた読者の多くは「トランプ新大統領次第である。とはいえ、今以上に強化されるとは思えない」(54歳、男性)など、現状以上には発展しないとの認識です。

 また、「わからない・その他」を選んだ読者(7.6%)も「オバマ大統領が交代する以上、先行きは不透明。政治の表舞台での親密さうんぬん以上に、民間レベル、個人レベルで良好な関係を築きあげていくことが、政治上にもよい影響を与えると思う」(56歳、女性)などとして、同じくトランプ氏を今後の不安要因として挙げていました。



 また、17年の日本の景気の見通しについても、トランプ氏の存在感が高まっています。

 来年の景気は「一進一退」になると予想する読者からは、次のような意見が寄せられました。

 「トランプ景気がどこまでもつかが鍵だと思う」(56歳、女性)

 「上向いてほしいが、これもトランプ新大統領の政策次第。米国が内需中心となれば日本はアジア・欧州への貿易のみとなり上向くのは難しい」(54歳、男性)

 「トランプさんがどのような政策を繰り出すかによりますが、円安を是としない方向に向かえば日本には逆風になると思います」(45歳、男性)
 また、「上向く」と見通す読者からのコメントも、やはりキーワードは「トランプ」でした。

 「トランプが『円安は許さない』と、再度声を上げだすと失速しそうだが」(56歳、男性)

 さらに、「腰折れ」と答えた読者もトランプ氏の動向が鍵とみています。

 「11月以降トランプ氏への期待のみで株価は上昇したが、ドル高で新興国の経済が下振れし先進国へじわじわ波及するので景気下落の可能性が高い」(64歳、男性)

 最後は、来年の景気を「上向く」とした読者の次のコメントで締めくくりたいと思います。

 「上向くと思わない限り、景気は良くならない。期待を込めて」(36歳、男性)



 今回の調査(24~27日)にご協力いただいた読者の皆さんによる安倍内閣の支持率は65.4%でした。前回調査(63.5%)よりも1.9ポイント上昇しました。

 29日の日本経済新聞朝刊「視点・焦点」面では、安倍首相による真珠湾訪問に関しての特集を組んでいます。併せてお読みください。



関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報