FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

電気自動車は買い手に人気なし、売り手に儲けなし



――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 未来の自動車は電動式でネットワークに接続し、ゆくゆくは自動運転機能を備えるだろう。だが自動車業界の将来はどうか。当コラムは、業界を見舞っている数十年ぶりの技術的な大変革に投資家がどうアプローチすればよいかを考える。


 航続距離が長く、値段も手ごろな電気自動車(EV)が間もなく販売される見通しだ。自動車メーカーはガソリン車の代わりになる製品を生み出せることを立証した。まだ証明していないのは、これらの車を実際に販売し、利益を上げられるということだ。

 来年はその点がゼネラル・モーターズ(GM)とテスラモーターズの試金石になるだろう。GMは完全電気式の「ボルト(Bolt)」を発売した。テスラは来年中に「モデル3」の生産を開始する予定だ。このどちらも、フル充電時の走行可能距離が200マイル(約320キロメートル)を超え、価格設定は税優遇を適用すると3万ドル(約350万円)前後だ。ほぼ全てのメーカーが今後数年でEVを販売する計画だ。

 新モデルの発表が相次いでいるものの、EVへの移行が自動車業界にとって長くつらいものになると考える理由は十分ある。

 一つには、メーカーは利益を上げなければならない。EV専業のテスラは今年これまでに5億5000万ドルの純損失を計上した。さらに大きな問題は、テスラの愛好家を除くとEVを買いたい人があまりいないことだ。ガソリンの値下がりでピックアップトラックやスポーツタイプ多目的車(SUV)の人気が高まっている。これは自動車業界には非常に喜ばしい。

 別の課題は、業界が政府の優遇策に依存している点だ。現行法によると、連邦政府の購入補助金7500ドルが利用できるのはメーカー当たり20万台だけ。それ以降は販売台数が増えるにつれて補助金が減る。以前からEVを販売しているGMとテスラは、既にこの枠が大きく減っている。

 この支援策は車の採算性に大きく関わっている。例えばボルトの表示価格は3万7750ドルだ。似たような金額で「ジープ・グランドチェキー リミテッドエディション」が購入できる。調査会社ケリー・ブルー・ブック(KBB)によると、これは平均的な新車の価格を大幅に上回る。だが補助金を差し引くと、この平均を大きく下回る。11月の大統領選で共和党勝利という予想外の結果が出たため、この補助金の行く末には不透明感が漂う。

 EVを本格的に普及させるには、価格面と同様に便利さでも従来型の車両に引けを取らない必要があるだろう。テスラのスーパーチャージャー(急速充電器)は20分で半分程度充電できるが、ガソリンを満タンにするのに比べるとはるかに長い時間がかかる。米国でテスラのスーパーチャージャーを利用できるのは約350カ所。一方、ガソリンスタンドは全米に約10万軒ある。

 EVの普及を後押ししている力は本物だが、当面は内燃エンジンの追悼を考えなくてもよさそうだ。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです