FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

ソフトバンクの10兆円ファンドを指揮する人物



 ソフトバンクグループが2013年に買収した米携帯大手スプリントは、業績悪化に歯止めがかからず、業界大手ベライゾンやAT&Tに押される一方となり、資金繰りも厳しくなっていた。

 そのダメージを最小限に抑えようと、ソフトバンクの社内ではインド人幹部のラジーブ・ミスラ氏(54)が奮闘してきた。そのミスラ氏は今度、ソフトバンクが設立する1000億ドル(10兆円)規模のファンドで、孫正義社長(59)の片腕として采配を振る。

 「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」では、2000年代にドイツ銀行の大規模なクレジットデリバティブ部門を築き上げた同氏をトップに、元債券トレーダーやウォール街の営業担当者などがチームを組む。中東の王族に人脈をもつドイツ銀行やゴールドマン・サックスの出身者3人も加わった。


 金融の仕組みに精通し、大富豪の投資家に顔が利くこのチームは、孫氏がソフトバンクを次世代技術のインキュベーターに脱皮させるためのカギを握っている。

 ファンドに出資するのはソフトバンクのほか、中東の複数の政府系ファンド、さらにウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたように、アップル、クアルコム、オラクルのラリー・エリソン会長などが名を連ねる。

帝国の限界と事業拡張の切り札

 ファンドの主役はもちろん孫氏だ 。ハイテク業界での長年の人脈を駆使して資金源を確保するなど「キーマン」ぶりを発揮している。

 これまでも技術分野の投資に実績がある孫氏は、直感的な決断で知られる。中国の起業家、馬雲(ジャック・マー)氏には会って5分で投資を決めたという。馬氏の阿里巴巴集団(アリババグループ)が2014年に株式を上場したとき、2000万ドルの投資は580億ドル相当に膨れあがっていた。

 ただその帝国にも限界が見える。ソフトバンクには1000億ドル以上の負債があり、孫氏は昨年10月に「これ以上のレバレッジは難しい」とベンチャービート誌に語っていた。

 近くスタートする「ビジョン・ファンド」は他人の資金を使い、大がかりな事業拡張を可能にする切り札となる。しかし、現実的な課題がないわけではない。

 1つは新興企業の評価額が上昇する中で割安な投資先を探すことだ。実際、ソフトバンクが昨年の英半導体大手ARMホールディングス買収に費やした320億ドルは高過ぎではないかと多くの投資家が疑問視している。

 また、ファンドの巨大さゆえに成熟した大企業を標的にする必要がありそうだが、そうした企業は投資リターンを生みにくい。例えばスプリントは同業のTモバイルに抜かれ、米携帯3位から4位に転落した。

 さらに、ソフトバンクへの課税を避ける形で投資案件を組めるかという問題がある。

 こうした問題を解決するのが、ロンドンに拠点を置く金融業界の切れ者のチームだ。約15人のアナリストが最近、ヘッジファンドや富裕層向けテーラーが集まるメイフェア地区にオフィスを開設した。

プレッシャーに強い「創造の天才」

 ソフトバンクの戦略金融部門を率いるミスラ氏は、かつてバンカーとして孫氏を担当し、同社が以前行った通信企業買収で借入金の調達を任された。

 ニューデリーの中間層家庭に生まれ、米ペンシルベニア大学で工学を修めたミスラ氏は、1980年代はロスアラモス国立研究所で働いたが、のちに金融業界に転身し、メリルリンチのトレーディング部門に加わった。

 1996年にドイツ銀行に移籍。10年間で同行のクレジットトレーディング業務をウォール街有数の高収益部門に成長させた。ミスラ氏は複雑さを増す新しい金融商品への関心が高く、利益をもたらすアイデアを次々に試したと元同僚は話す。

 同行の元トレーダー、マーティン・ベルビシ氏はミスラ氏を「創造の天才」と呼ぶ。ほかの同僚らには、疲れ知らずでプレッシャーに強く、一風変わった人物だと映る。

 ミスラ氏はその後、UBSの債券部門を経て、投資会社フォートレス・インベストメント・グループに移籍。2014年に孫氏と再会し、ソフトバンクに迎えられることとなった。


 事情を知る関係者によると、ミスラ氏のチームはすでにファンド設立に一定の役割を果たしたという。

 チームにはミスラ氏のほか、中東の政府系ファンドとの橋渡し役を務めるゴールドマン元幹部の Saleh Romeih氏がいる。また、ドイツ銀とゴールドマンで要職にあったNizar Al-Bassam 氏と Dalinc Ariburnu氏は昨年、孫氏をサウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン副皇太子に引き合わせ、450億ドルの出資を取りつけるのに一役買ったという。

関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです