世界の風Navi

陸マイラーSAWA、米国株中国株倶楽部225ファンド「大好きな事で稼ぎましょう」

Entry

トランプ相場がこれ以上続かない理由とは



 オバマ政権下での驚くほどの強気相場の後、トランプ政権下でさらなる大幅な株価上昇が難しいであろうことは当然とも言える。その主な理由は、オバマ政権発足時には市場が低迷し、株価が割安になっていたことがあげられる。しかし、全体的な経済情勢と企業利益のあり方の変化も、その理由のひとつだと言えるだろう。

 バラク・オバマ大統領の就任初日から任期最終日の前日(1月19日)までに、S&P500種株価指数は166%も上昇した。オバマ氏が就任した当初、S&P500指数の予想PER(株価収益率)は11倍だったが、今では17倍になっている。ドットコム・バブル当時の28倍ほどではないが、それでも割高だろう。

 また米国株の時価総額は2008年の時点で対国内総生産(GDP)比85%だったが、2016年末時点では推計169%に膨らんだ。1999年末に記録した177%にも迫る水準だ。市場の今後の動向を判断するためにも、投資家はこの数字も頭に入れておくべきだろう。




 市場の動向を国の経済情勢と比較するのは重要だ。これによって過去8年間にわたるGDPの上昇分が労働者などではなく、企業側にどれだけ多く流れ込んだかを知ることができる。

 オバマ政権の8年間で企業はコスト削減に務め、賃金上昇は漸進的なものにとどめ、新たな設備投資も積極的には行わなかった。その傾向は失業率が低下し、労働需給のひっ迫で賃金が上昇してくる最近まで変わらなかった。

 賃金上昇は、米国経済の成長分が企業利益より労働者に多く配分されることを意味する。人件費が上昇すれば企業は生産拠点を海外に移すか、国内での製造に輸入部品を使うなどして対応してきた。しかしドナルド・トランプ大統領が就任した今、それは難しくなりそうだ。

 そのため、企業が手にする経済の取り分が今後より大きくなるとは考えにくい。どちらかと言えば、それは小さくなると言えるだろう。株価が対GDP比でさらに上昇を続けることは可能だが、そうなればバリュエーションはドットコム・バブルの水準を大幅に上回ることになる。

 トランプ政権下で株式市場が大幅に上昇し続けるためには、大幅な経済成長が必要だ。そうすれば企業の利益も増える。ただそれでも経済全体に対する企業利益の割合は変わらないままか下がることになる。トランプ氏は経済成長を実現させるとしているが、試練は今始まったばかりだ。
関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報