世界の風Navi

陸マイラーSAWA、米国株中国株倶楽部225ファンド「大好きな事で稼ぎましょう」

Entry

eスポーツ:中国市場が黄金期入り、「モバイル対戦」で世界をリードへ



eスポーツ:中国市場が黄金期入り、「モバイル対戦」で世界をリードへ
 米国で爆発的人気を呼んだ「eスポーツ」(対戦型ゲーム競技)が世界規模で広がりを見せており、中国市場もこの先、“黄金期”を迎える可能性が高まっている。最近では中国のゲーム最大手テンセント(00700)がeスポーツ事業に関して5カ年計画を策定。1000億元規模の国内産業を創出する方針を明らかにした。国家体育局もこうした流れに同調し、12月に「17年全国電子競技公開賽総決勝」(NESO:総賞金額82万元)を開くとの通達を発している。世界的に見れば、eスポーツに使われるデバイスはゲーム専用の高機能パソコンやPS4などのコンシューマー機だが、中国で台頭しているのはスマホを使うモバイル競技。現在市場をリードしている米国とは別の、「モバイルeスポーツ」とも言える独自分野を中国が主導し始めている。

 eスポーツは今のところ、日本では普及の兆しを見せてないが、世界的にはスポーツ界のネクストウエーブとも言えるホットな分野。17年4月にはアジアオリンピック評議会がアリババ・グループ(BABA)傘下のAlisports(阿里体育)と提携し、eスポーツを4年に1度のアジア競技大会の種目として採用すると発表した。正式競技となるのは22年の中国杭州大会だが、その前の18年のインドネシア大会においても、デモンストレーション形式でeスポーツ競技が行われる予定。この先、eスポーツが五輪に採用されるようになるかはまだまだ未知数だが、少なくともアジアオリンピック評議会による採用が、そのための第一歩となりそうだ。

◆国内ではテンセントの「王者栄耀」が一人勝ち

 中国で人気が沸騰し始めているスマホ上でのモバイルeスポーツは、デバイス面の手軽さが魅力。「スマホ対戦が果たしてeスポーツと言えるのか」という当初の懐疑論をものともせず、16年に成長元年を迎え、ネット大手やライブ放送プラットフォームを含めた形で急速に進化した。中でも市場の飛躍をけん引したのは、テンセントの「王者栄耀」。MOBA(マルチプレイヤー・オンライン・バトルアリーナ:2つのチームに分かれて敵地攻略を目指すタイプのゲーム)にソーシャル要素を盛り込んだことで、圧倒的な人気タイトルとなり、成長局面入りしたばかりのモバイルeスポーツ市場で一人勝ちの様相となっている。

 IT調査会社の艾瑞諮詢(iResearch)によると、国内のモバイルeスポーツ市場に見られるトレンドは、◇テンセントなど従来型開発・運営会社による競技部門の強化、◇「触手」「獅吼」「企鵝電競」といった垂直型のeスポーツプラットフォームの相次ぐ参入、◇「KPL」や「CMEG」など、プロゲーマー対象の競技イベントを主催する第三者企業の参入――など。こうした流れが市場拡大を後押しし、ひいてはゲーム市場全体の成長をけん引する可能性が高い。艾瑞諮詢によれば、国内eスポーツ市場は16年に前年比148%増の約130億元規模(広告収入や課金収入、その他イベント収入などを含む)。17年には同257%増の462億元へ、さらに急拡大する見通しという。

 また、PCなどを使った世界のeスポーツ市場については、ゲーム調査会社Newzooが「17年に前年比41%増の6億9600万米ドル規模に達する」との予測を示している。20年にはさらに、現在比で約3倍の15億米ドルに達すると予想。世界の競技イベントの視聴者数については17年に3億8500万人、20年にはさらに5割増えるとの見通しを明らかにしている。




◆競技用デバイスの最大手、年内にも香港上場か

 一方、eスポーツ用ゲーミングデバイスの世界最有力ブランドであるレーザー(Razer)が、「早ければ年内に香港株式市場でIPOを実施し、4億米ドルを調達する」との外電情報が伝わっている。同社は6月17日、香港コーズウェーベイに世界で6店目となる店舗を出店し、地元の注目を集めたが、これより前の5月には、長江和記実業(00001)を率いる香港有数の富豪実業家、李嘉誠氏が、プライベートファンドを通じてレーザーに5000万米ドル超(20億HKドル弱)を投資し、傘下のハチソンテレコム・ホンコン(00215)が展開する通信キャリア「3香港」と提携。香港で本格的にeスポーツ選手を発掘する計画を明らかにした。これにより、賞金獲得額で現在、アジアの2強となっている中国本土、韓国に香港が続く可能性も出てきた。

 レーザーにはほかに、シンガポール政府系投資会社テマセクや米インテルも投資しており、この先のソフト開発事業の潜在力を含めて注目度は高い。主力のデバイス事業の競争激化が懸念材料とされるものの、香港でのIPOが実現すれば、改めてゲーム関連銘柄が市場の焦点となりそうだ。

 香港の既存銘柄に目を向けると、eスポーツ関連銘柄はテンセント(00700)を筆頭に、モバイルゲームの開発・運営を手掛けるIGG(00799)、ソフト開発のキングソフト(03888)、PC最大手のレノボグループ(00992)など。うちレノボはすでにゲーム競技用タブレットPCの製造に着手済み。同社株価は最近の業績低迷もあって低調だが、11年から競技用タブレットを主力としてきた同業の微星科技(台湾上場企業)は、eスポーツ人気の高まりを背景に過去1年で260%以上の大幅高を記録しており、レノボの競技用部門の成長も期待されるところとなっている。


関連記事
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報