FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

2007年の話しですが思い出して下さい。

金利上昇、、、ちょっと気になりだした。

大量に買い付けて有ります。
えへへ。



好調な中国銀行株の業績

いよいよ1年後に北京オリンピックを控えた中国。経済成長はまだまだ続く
中国の銀行セクターの07年上半期の決算ですが、平均して50%程度の増益となっており、総じて素晴らしい内容となっています。記録的な純利益増加の要因は2つあります。1つは金利上昇によって金利収入(貸出金利?預金金利)が拡大したこと(売上の約9割を占める)。もう1つは投資ブームによる証券取引の取り次ぎ手数料拡大などで手数料収入が拡大したこと(売上の約1割を占める)です。

金利上昇期に強い銀行の業績
07年、中国は4回金利の引き上げ行いました。金利上昇期においては、預金金利よりも貸出金利の方が先に上昇するのが一般的です。というのも、金利が引き上げられるのは加熱した景気を引き締めることが目的ですから、企業の投資加熱を抑えるために貸出金利を先に引き上げるからです。もちろん一気に急激な金利引き上げがあると景気全体が下り坂になり、元も子もなくなってしまいますが、一度好転しだした景気はちょっとやそっとの金利引き上げでは下り坂にはならず、一旦金利上昇がはじまると、ピークがくるまでその傾向が続くことになります。したがって、銀行にとって金利上昇期は心地よい環境と言えます。そして中国の景気過熱はまだまだ収まっている様子もなく、銀行にとってはもうしばらく利益を伸ばせる環境が続きそうです。

成長率から考えると割高感の低い中国の銀行株
そしてこのような業績の良い中国の銀行株ですが、成長性から考えてみると、実はまだそれほど割高感はありません。たとえば、中国建設銀行(0939)を見てみると、09年12月期まで平均年率30%程度で業績が拡大していく見通しであるのに対し、09年12月期の予想PERは15倍です。むろん、割安感がある水準とは言えませんが、成長率を考えれば下落したところでは是非狙っていきたい水準にあると言えるでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです