FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

舜宇光学:レンズ出荷好調で株価急伸、 アップル新製品発表も買い手がかりに



本日(13日)の香港マーケットで、光学部品OEMメーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー:2382/HK)が前日比4.4%高と大幅に続伸した。8月の好調な出荷データが引き続き材料視されているほか、米アップルが最新スマートフォンを発表したことも手がかり。同スマホには各種の新機能が搭載されているため、「舜宇光学を含む部品サプライヤーが受ける恩恵は大きい」と指摘されている。株価は一時4.8%高の124.50香港ドルを付け、連日で上場来高値を更新した。以下、足元の出荷動向を確認した上で、証券ブローカー各社の最新レーティング動向を紹介する。

 8月の製品別出荷数(11日発表)を見ると、主力の光電子製品のうち、スマホ用カメラモジュールが前年同月比21.6%増の3364万6000台に達した。伸び率は7月(1.2%)から大幅に加速。中国のスマホメーカーが販売を拡大させる中、これらメーカーを顧客に持つ同社のシェアも上昇している。前月比でも40.2%増と大きく膨らんだ。

 このほか、スマホ用レンズユニットの出荷数は前年同月比95.5%増の6201万6000個を記録。伸び率は7月(59.0%)を大きく上回った。また、車載用レンズユニットも64.9%増の308万7000個に上り、こちらも7月(54.0%)から成長ペースが加速。前月比では、それぞれ18.7%、12.9%ずつ増加した。



7月までの数カ月間は出荷の伸びに減速感が出ていたものの、足元で再び勢いを取り戻した格好だ。モルガン・スタンレーによると、8月の各製品出荷数は過去最高記録を更新。中国のスマホメーカーによる需要が拡大する中で、第3四半期(7~9月)は年内で最も部品需要の規模が膨らむ見込みという。



力強い出荷の伸びを受け、証券ブローカー各社が総じて強気のスタンスだ。例えばクレディ・スイスは、目標株価を122.40→127.70香港ドルに上方修正し、「アウトパフォーム」のレーティングを継続。特に伸びが大きいスマホ用レンズユニットで、年間の出荷数が会社予想を上回る可能性が高いとみている。その理由については「中国スマホメーカーの間で、最新スマホにデュアルレンズを搭載する動きが広がっているため」と説明。通期の業績も上振れの公算が大きいと指摘した。



このほかCICCは、8月の出荷数が予想を上回った点を評価。引き続き目標株価を146.00香港ドルとし、「買い」の投資判断を継続した。デュアルレンズや3Dセンサーを搭載するスマホが増えることで、舜宇光学のスマホ用カメラモジュールも出荷が伸び、業績の安定成長につながると予測している。



<アップル最新スマホも買い手がかりに>

 また、米アップルが現地時間12日、スマートフォン「iPhone」の最新モデル「X」と「8」「8 Plus」を発表したことも株価の支援材料。ジェフリーズはこれを受け、中国スマホ部品メーカーへの影響を分析している。最新モデルではカメラ機能やスピーカー性能がアップしていることから、舜宇光学や瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)などが恩恵を受けると指摘した。

 10周年記念モデル「X」は顔認証技術を採用。これを実現するための各種センサーが装備され、その処理を可能にするために高性能プロセッサー「A11 Bionic」が搭載された。これについてジェフリーズは、華為技術(ファーウェイ)などの中国スマホメーカーも追随する可能性が高いとの見方。この動きで恩恵を受ける企業として、センサーモジュールを生産する舜宇光学や、センサー向け半導体の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)、半導体設備のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)を挙げている。

 このほか、「iPhone」の最新版は、筐体(きょうたい)に2.5Dガラスを採用し、ワイヤレス充電に対応したのが特徴だ。また、「X」で「ホームボタン」が廃止されたことは、ハプティクス技術(触覚技術、アップルの技術名は「タプティックエンジン」)の発展につながっていくとジェフリーズは予測。今後、アンドロイド端末でもハプティクス技術が採用される見通しで、これはハプティクス部品を手がける瑞声科技にとって有利と分析した。

【会社概要】

光学部品のOEMメーカー。スマホ向けカメラモジュールをはじめとする光電子製品の製造が主力。ほかに、光学部品、光学機器も生産する。浙江省余姚市、広東省中山市、上海市、河南省信陽市の4カ所に生産拠点を設置。さらに浙江省杭州市には、3DやVR/ARなど先進技術の開発を担当する子会社を置く。主な顧客には、華為技術(ファーウェイ)など中国の通信機器メーカーのほか、米アップルや韓国サムスン電子などが含まれる。


関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです