FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

中国の「アリババ・グループ」の決算発表を解説! 世界の株式市場でも存在感を増す中国最大級の ネット企業が、今もっとも注力する成長分野とは?



世界の株式市場で存在感増す
中国のネット企業

 今年は、新興国株式市場が先進国株式市場をアウトパフォームしています。その中でも、ひときわ存在感を増しているのが中国のネット企業です。

 そこで今日は、中国のネット企業の中でも最大級のアリババ・グループ(ティッカーシンボル:BABA)に焦点を当てたいと思います。

「アリババ・グループ」は
アクティブユーザー4.66億人の巨大サービスを展開

 アリババ・グループは、1999年に創業された中国を代表するインターネット企業で、その株式は2014年9月からNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場されています。

 NYSEに新規株式公開された際の調達金額は250億ドルで、これは史上最大のIPOです。

 同社は、ネット上で物品を売りたい人と買いたい人を引き合わせるマーケットプレース「タオバオ」、世界のブランド企業がオンライン・ストアを開店するためのフラットフォーム「Tモール」、オンライン卸売りの「1688.com」に加え、物流ソリューションやクラウド・コンピューティングなどのサービスも展開しています。

 6月末の時点でのアクティブ・カスタマー数は、4.66億人です。

 同社の会計年度末は3月31日で、「2017年度」と言った場合、それは「2017年3月31日で〆た1年間」を指します。

 小売部門のGMV(=取扱高)は、下のチャートのように推移しています。



 現在、アリババ・グループが中国のオンライン・ショッピングに占める割合は、75%に達しています。

「タオバオ」のビジネス・モデルは
小売よりも広告に近い

 同社の中核ビジネスである「タオバオ」のビジネス・モデルは、マーケットプレースという概念です。つまり自ら商品の在庫を取り、それを消費者に販売する「小売モデル」ではなく、売り手がマーケットプレース上で買い手を獲得しやすいよう、広告などの様々なサービスを提供し、対価を受け取る、どちらかといえば「広告モデル」に近い事業形態となっています。

 同社がGMV(取扱高)と売上高をハッキリ区別しているのは、このためです。

モバイルへの移行がアリババに与えた影響とは?

 同社の売上高の中身は、実質的にはフェイスブック(ティッカーシンボル:FB)と同じ広告モデルであるということは、GMV(取扱高)に占める広告売上高の比率、すなわちマネタイゼーション比率が問題になることを意味します。

 一般にモバイル広告は、スマホの画面が小さい関係で、ノートパソコンの広告より単価が低いという問題がありました。このためユーザーがノートパソコンからスマホにシフトしたとき、売上高に下方プレッシャーが働きました。これはかつてフェイスブックが経験したのと同じ問題です。



 アリババ・グループのモバイル・マネタイゼーション比率を見ると2015年は1.79%と低かったですが、2017年は3.04%へと改善していることがわかります。




 アリババ・グループの業績は、1)GMVが伸びていることに加えて、2)マネタイゼーション比率も改善しているので、それらの相乗効果から急激に伸びています。



 なお、2016年のEPSは、アリババ・ピクチャーズの一部株式の売却ならびにアリババ・ヘルスの特別利益の計上により嵩上げされています。そのような「雑音」を除いて考えるためには、営業キャッシュフローに注目した方が良いでしょう。

今後の成長分野として
ストリーミング事業に注力

 さて、アリババ・グループは最近、映画やTVドラマのストリーミング事業に力を入れています。また、アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)のAWS(アマゾン・ウェブ・サービス)に相当する、クラウド・コンピューティング・プラットフォーム事業にも注力しています。

 2018年度第1四半期(6月期)の同部門の顧客数は、前年比+75%の101万人で、売上高は前年比+96%の3.59億ドルでした。

【今週のまとめ】
存在感を増す中国のネット企業の中でも
リーダー的存在

 今年は、新興国株式市場が好調です。中国株は、その新興国株式市場の重要な一角です。中国の上場株に占めるネット企業の割合はどんどん増えており、アリババ・グループはその中でリーダー的な存在です。同社の業績は、リーダー企業にふさわしい確りした内容となっています。



関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです