FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

躍進する中国FinTech、成長を維持できるか?

「韓国、アジアのFinTech先進国を狙う」では、韓国のFinTech事情に触れました。では、その隣にある大国・中国はどういう状況なのでしょうか。もちろん、かなり台頭してきています。一方で、中国特有のリスクも抱えており、一筋縄ではいかない様子です。

ランキング1位は中国企業

政治問題もあるため、日本における中国ニュースはどうしてもマイナス面が多くなります。ビジネスニュースが極端に少ないので、発展しているのか遅れているのか、よくわからない人がほとんどでしょう。そのため、実はFinTechが相当進んでいると聞いたら驚くかもしれません。

世界4大会計事務所(Big 4)の一角KPMGは昨年末、世界19ヶ国100社のFinTech企業を対象に調査し、「世界で最も成功しているFinTech企業」をまとめました。すると、首位に輝いたのは、中国初のオンライン保険会社「衆安保険(Zhong An)」だったのです。しかも、同社を含めて7社もの中国企業がトップ50入り。昨年はわずか1社しかランクインしていなかったのですから、かなりの躍進ぶりです。しかも、ローン決済対応のオンライン小売業者の「趣分期(qufenq)」は4位、P2Pレンダー「陸金所(Lufax)」は9位。なんと3社がトップ10入り。

これらのことがどれほど凄いかがわかるのが、FinTech先進国イギリスとの比較です。実は、イギリス企業は50位内に6社という結果。数だけなら中国がイギリスを抜いたのです。

またKPMGは今年に入ってからも、豪FinTechベンチャー投資企業のH2ベンチャーズと共同で、「FinTech100」というランキングを発表しました。ここでも「衆安保険」が1位に選出。寂しいのはランキングの中に日本企業の名前がなかったことです。

中国の強者連合によって誕生した衆安保険

それにしても、期待のFinTech企業として世界第1位に輝いた衆安保険とは一体どんな会社なのでしょうか? とても気になりますね。

同社は2013年に設立されたスタートアップ。立ち上げた企業のひとつは、中国最大の電子商取引企業であるアリババグループ(阿里巴巴集団)。アリババといえば、2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、25兆円という巨額の時価総額を記録したことで世界を驚かせました。

そして、そのアリババの共同設立者が、テンセントホールディングス(騰訊控股有限公司)と中国平安保険(集団)。テンセントという企業は日本ではまったく馴染みがありませんが、中国で知らない人はいないほどの企業です。同社の主要サービスは、「WeChat(微信)」と呼ばれるSNS。LINEとほぼ同様の機能を持っており、中国での普及率は圧倒的です。現在ほとんどの中国人が、WeChatを使ってコミュニケーションを取っているといっても過言ではありません。

つまり衆安保険は、中国を代表する強者による連合で誕生した企業であり、ベンチャー的なスタートアップとはまったく異なるといえます。インターネット専業の損害保険会社としては中国初でありながら、提供するサービスは世界最先端なのです。

同社が主に展開しているのは旅行、傷害および健康保険。ビッグデータ技術をフル活用しており、保険商品の設計、自動引受や保険金の自動請求、マーケティング、リスクマネジメントなどを的確に行っています。経済発展に伴い、中国人のライフスタイルは激変しています。平均的な保険商品を作るのは困難な中、同社はパワフルに新しい層を開拓し続けています。

チャイナリスクをどう乗り切るかが課題

では、中国FinTechの見通しは明るいかと言えば、そう断言できる人はいないでしょう。なにしろ中国は政府主導で経済をコントロールしている国家です。好調なときは好調ですが、上海市場大暴落(2015年)のような事態が起こると、政府の介入がかえって混乱に拍車をかけます。

もうひとつ、中国は全般的に極端な面があり、衆安保険のように目覚ましく発展している企業もあれば、非常にずさんなスタートアップも多数存在しています。最近は、過熱するFinTechブームを懸念する中国政府が、融資基準のゆるい企業に圧力を強めているという話もあります。今後の展開については、まだまだ楽観できないでしょう。

https://www.change-makers.jp/news/11128
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです