FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

広がる「逆アマゾン効果」、米国“クラウド三国志”の行方



アマゾン、グーグル、マイクロソフトの業績が絶好調です。3社とも伸びているのはクラウド事業。今、米国のIT大手にとっては、この事業が最大の成長部門であり、稼ぎ頭になっています。

その中でも勢いがいいのがアマゾンなのですが、直近の各社の業績発表を見ていて、気になる言葉を発見しました。「逆アマゾン効果」という言葉です。

アマゾンやグーグルには「ある事情からデータを預けたくない」という企業群があって、その需要がマイクロソフトに流れているという話です。いったいどんな事情があるのでしょうか。

好業績が続くクラウド3強
アマゾン・ドット・コムが2月1日に発表した、2017年10~12月期決算。売上高は前年同期比38%増の604億ドル(約6.6兆円)、純利益は同2.5倍の18億ドルと過去最高を更新しました。

中でもクラウド事業は順調で、売上高は51億ドル、同45%の増収と、会社全体を牽引する形となりました。

一方、グーグルの持ち株会社であるアルファベットは、米国の税制改革の影響で30億ドルの純損失を計上したものの、売上高は同24%増の323億ドルと、やはり過去最高を更新しています。

このうち、クラウドやAI(人工知能)スピーカーを展開する非広告事業は、売上高が46億ドル、同38%のプラスでした。伸び率では主力の広告事業を大きく上回っています。

そして、マイクロソフトのクラウド部門は売上高が78億ドルと、絶対額は3社の中で最大ですが、増収率は同15%にとどまる結果に。数字だけを見れば、アマゾンやグーグルほどの伸びにはなりませんでした。

なぜアマゾンの勢いが突出しているのか
アマゾンのクラウド事業の勢いが突出している理由は2つ考えられます。

同社では、社内で使われる大量のサーバーを管理する必要があることから、世界で一番多くのサーバー管理者が集まっていました。同じ仕事をするなら、大規模でやったほうがコストは安くなります。

こうして、アマゾンはサーバーの管理コストが世界で一番安い会社になりました。その結果、同社のサーバーにデータを預けるアマゾンのクラウドが、安くて安心で大人気になったわけです。

ただ、最近のアマゾン人気はこれだけが理由ではありません。もう1つのポイントは、AIの性能が高いことです。

同社の強みは「この本を買っている人は、こんな本も買っています」で知られるレコメンド機能です。アマゾンはネット通販業界の覇者になるため、さらにさまざまなAIによる購買行動分析を推し進めています。

その投資額は年間1兆円規模。ですから今、アマゾンは世界でも有数の高度なAI開発を進めている会社ということになるのです。

異なるアプローチで迫るグーグル
このAIは、アマゾンのクラウド上で付帯サービスとして一般の企業も使うことができるようになっています。ここが新たに同社のクラウドにデータを移そうと考える企業にとっての関心事です。

アマゾンのAIなら、これまでわからなかった新しい観点でデータが活用できるようになります。それもイチから開発するよりもずっと性能が良くて使いやすい。そのような観点からアマゾンが好まれるのです。

この方針はグーグルも同じ。やはり年間の研究開発費は1兆円超えで、AIの活用では世界一の座を目指しています。

グーグルといえば、世界一の囲碁棋士を打ち負かした「アルファ碁」の開発や、AIが運転する自動運転車の開発で知られています。ですから、アマゾンとはまた違った形でのAIの開発が期待できます。


小売業界がアマゾンに反旗
ですが、こうした現状を「良し」としない企業群があります。ウォルマートやメイシーズをはじめとした小売業界です。



米国の小売業界では今、「アマゾンエフェクト(効果)」が問題になっています。アマゾンが成長するたびに小売業者が倒産していくという逆相関が日増しに強まっているのです。

こうした中で、米国の大手小売業者では、いくらAIによる高度な顧客分析機能が簡単に使えるからといって、自社の販売データをアマゾンに預けてもいいのか、という問題が提起されています。

これが「逆アマゾン効果」です。ライバル関係にある小売り企業には、アマゾンに安心してデータを預けることができないという事情が存在しているのです。

グーグルとも組みづらい事情
では、アマゾンに対抗するにはグーグルがいいのでしょうか。実はこれも大きな問題を抱えています。

というのは、グーグルは検索やGメール、グーグルカレンダーのように無料のサービスを提供する代わりに、顧客の利用データを受け取って、そのビッグデータをAIが分析することで、より良い広告を高く売って儲けるという会社だからです。

グーグルに集客してもらうため、ネット通販企業は合計するとものすごい金額の広告料を支払っています。そのような企業に顧客データを預けたら、自分たちの顧客データがいいように使われて、将来的にはその分析結果を有料でグーグルから買うことになるかもしれません。

残された選択肢はマイクロソフト
つまり、アマゾンは競合だから、そしてグーグルは広告会社だからという理由で、実店舗で展開している小売り各社は自社のデータを安心してクラウドに預けることができないのです。

こうした事情から、残された選択肢はマイクロソフトだけになります。今回の同社の業績発表で注目されたのは、クラウド事業の伸び以上に、そこで明かされた事例でした。米国の小売り大手クローガーとロウズがマイクロソフトのクラウドを利用している事例が発表されたのです。

米国の小売業界がアマゾンとグーグルに対する警戒心を強めれば強めるほど、マイクロソフトがその受け皿になる。こうした現状が、クラウド3強の勢力図にどのような影響を及ぼすのでしょうか。ビッグデータを舞台にした現代版『三国志』は、まだ結末が見えそうにありません。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです