FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

【バロンズ】目立たぬ半導体株、先行き占うカギ



• 半導体銘柄は市場の先行指標

 電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)、アマゾン・ドット・コム(AMZN)、アルファベット(GOOGL)の決算発表が最も多くの関心を集めたものの、市場の今後の行方を占うカギを握るのは、さほど注目されていない半導体銘柄だ。

 例えば、テキサス・インスツルメンツ(TXN)が23日に発表した気掛かりな業績見通しが、先週のハイテク株の下落と強く関係していることはほぼ間違いない。同社の最高経営責任者(CEO)、リッチ・テンプルトン氏は決算発表のプレスリリースで「当社の製品への需要が大半の市場で後退している」と述べている。

 経験豊かなトレーダーは半導体の低迷を既に予想しており、その動向を株式市場の危険信号と捉えている。

• 自動車および資本財企業の需要が軟化

 テキサス・インスツルメンツの第4四半期ガイダンスでは、1株当たり利益(EPS)が1.14~1.34ドル、売上高が36億~39億ドルとされ、いずれもコンセンサス予想の1.38ドル、40億ドルを下回った。経営陣は自動車および資本財企業からの受注のキャンセルが増えて需要が軟化していると述べ、しかも驚くべきことに下降局面がいつ終わるかは「分からない」と答えた。

 決算発表の翌日、同社の株価は8.2%下落した。一方、フィラデルフィア半導体株指数(SOX)を追跡する上場投資信託(ETF)のiシェアーズPHLXセミコンダクター(SOXX)は7%近い下落となった。

 テキサス・インスツルメンツの弱いガイダンスは他の銘柄に比べて市場への影響が大きい。同社が経済のあらゆる部分に基本的な半導体を販売しているからだ。同社は約10万社の顧客を抱えるお陰で、将来動向の指標とみられることが多い。

 投資家向けニューズレター、ハイテク・ストラテジストの編集長であるフレッド・ヒッキー氏は「半導体銘柄を40年近くにわたり追い続けてきた経験に照らして、半導体銘柄は経済全体にとって常に『炭鉱のカナリア』だった」と言う。

 ゴッサム・シティリサーチのダニエル・ユー氏も、「半導体銘柄は米国経済の重要な構成要素であり、代替指標だ」と考えており、「長期的な景気サイクルへの投資家の過剰な買い意欲が十分に織り込み直されているとは言えないため、さらに下値余地がある」と指摘する。

• 減速の最大の要因は貿易の緊張

 先週、幅広い顧客基盤を持つハイテク銘柄で失望的なガイダンスを発表したのはテキサス・インスツルメンツにとどまらない。ハードディスクドライブ(HDD)とフラッシュメモリーの大手メーカーであるウエスタン・デジタル(WDC)が発表した第4四半期のEPSガイダンスは1.45~1.65ドルと、コンセンサス予想を50%近く下回った。同社はその理由について、中国との貿易の緊張、金融政策、為替の変動が需要減速の要因となっていると説明した。同社の株価は26日に18.2%下落した。

 障害として貿易を挙げるハイテク企業の経営者が増えている。半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)のCEOであるリサ・スー氏は25日、本誌との電話インタビューで「多くの人が貿易の状況を踏まえて慎重姿勢を強めている。米国の関税がサプライチェーンをより複雑なものにしている」と語った。

 同社が24日に発表した第3四半期決算はコンセンサス予想並みだったものの、第4四半期の売上高ガイダンスは14億~15億ドルとされ、コンセンサス予想の16億ドルを大幅に下回った。決算発表の翌日、同社の株価は15%超下落した。

 先週決算を発表した全ての半導体銘柄が下落したわけではない。インテル(INTC)が発表した第3四半期決算は堅調な内容で、第4四半期の業績見通しは引き上げられた。クラウドコンピューティングとPCゲームの顧客の需要が旺盛だという。

 だが、インテルのライバル企業の決算を見る限り、先週は何かが変わった。投資アドバイザーであるモルガン・クリーク・キャピタル・マネジメントの創業者で最高投資責任者のマーク・ユスコ氏は、「多くの半導体銘柄の四半期決算は低調だった。成長はかなり鈍化しているもようだ」と述べている。

 では、今回の下降局面の継続の可能性を示唆する最も分かりやすいシグナルは何だろうか。テキサス・インスツルメンツとウエスタン・デジタルはいずれも半導体の生産能力の縮小を発表した。生産能力を縮小するにせよ巻き戻すにせよ、多くの時間と費用、努力が必要である。つまり、下降局面は当分続く可能性がある。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです