FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

米、今年のリセッション入り確率が上昇=WSJ調査



 今月のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の調査によれば、エコノミストは米国のリセッション(景気後退)リスクが高まったとみている。

 リセッションの発端を挙げられる人はほとんどいなかった。2001年は企業投資の減速、07年は住宅ローン危機が景気悪化を招いた。エコノミストらは米中貿易摩擦、金利上昇、昨年の株価急落など数々の懸念要素を挙げた。



 エコノミストらの予想を平均すると、向こう12カ月間で米国がリセッションに陥る確率は約25%と、11年10月以来の高水準だった。この確率は1年前は13%にとどまっていた。

 エコノミストの3分の2強は、米経済成長は日本、中国、欧州など他の経済大国の減速に「幾分」または「非常に」影響を受けるとの見方を示した。

 20年の見通しは一段と警戒されている。リセッション開始時期について、56.6%は大統領選が行われる20年、26.4%は21年と予想した。

 米国経済の先行きを悲観しているエコノミストが大半を占めた。ほぼ84%は、見通しへの下振れリスクを見込んでいる。これは先月の調査と同水準だが、昨年10月の53%弱よりはるかに高い。

 エコノミストらは企業や家計の心理に関わるリスクにも言及した。エコノミック・アウトルック・グループの首席グローバルエコノミスト、バーナード・バウモール氏は「中国との貿易摩擦の悪化、米国のねじれ議会、(ロシア疑惑を巡る)モラー(特別検察官)調査の終結が経済の活力を奪いかねない」と述べた。

 物価上昇の加速で連邦準備制度理事会(FRB)が利上げペースを早めるリスクを指摘するエコノミストもいた。そのほか、減税や財政出動といった財政刺激策の効果が薄れるとの懸念も聞かれた。

 米国経済が向こう2年間のリセッション入りを避けられたとしても、成長ペースは鈍化すると、大半のエコノミストが予想している。

 19年の米国内総生産(GDP)成長率について、エコノミスト予想平均は2.2%と、18年のほぼ3%から下がった。10月時点の予想平均は2.4%だった。20年については1.7%と、一段の鈍化が見込まれている。

 この調査は1月4~8日にエコノミスト73人を対象に実施したもの。全員が全項目に回答したわけではない。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです