FC2ブログ

世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

Entry

ウーバーがIPO対策、リフトの「二の舞い」回避狙う リフトIPOの落とし穴は大型のヘッジ



 米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズは週内にも予定している大型新規株式公開(IPO)を控え、同業リフトと同じ轍(てつ)を踏まないよう対策を講じている。

 注目されていたリフトのIPOは、上場初日こそ急騰したものの、その後は初日につけた高値から2割以上値下がりしており、失望を招く結果となった。

 ウーバーは目標とする上場時の時価総額を約800億~900億ドル(約8兆8500億~9兆6000億円)に引き下げたほか、同社幹部は同じ過ちを繰り返さないよう、引受証券会社とリフトの失敗要因について協議している。関係筋が明らかにした。

 リフトのIPOで落とし穴の一つとなったのが、著名投資家ジョージ・ソロス氏とカール・アイカーン氏との間で行われた取引に絡む大規模なヘッジで、リフト株の足かせとなったとみられている。ウーバーの担当弁護士は、リフトのロックアップ合意(初期投資家にIPOから一定期間の株式売却を禁止する取り決め)について精査している。このようなヘッジ取引を許容してしまう抜け穴がなかったか調べることで、ウーバーはIPO前にその抜け穴を封じることを目指しているようだ。

 ソロス氏はリフトのIPOを数日後に控え、同社株2.7%をアイカーン氏から取得した。事情に詳しい筋によると、ソロス氏はリフト株を1株当たり60ドル、合計5億5000万ドルで取得する以前に、株式の大部分をヘッジしていた。ヘッジはさまざまな方法があるが、通常は投資に関する潜在的な損失リスクを低減するために用いられる。

 このヘッジが大量のリフト株を供給することになり、リフト株価を当初下押ししたと関係筋は明かす。ただ、他の同様の取引も影響を及ぼしたかどうかは不明だという。

 ただ、別の関係者らは、上場当初のリフトの株式数と比べて小規模にとどまるとし、ソロス氏のヘッジ取引が影響を与えたとの見方に反論している。

 ウーバーはこうした状況を受け、IPO申請書類にリスク要因として、既存株主が「売却、空売りもしくはヘッジ取引に関与する」可能性があると加えた。

 リフトは上場初日、1株72ドルのIPO価格を21%上回る初値をつけ、その数分後に最高値をつけた。だが楽観論はすぐにしぼみ、午後の取引で上げ幅を大きく削り、結局8.7%高で取引を終了した。上場2日目には、一部アナリストの弱気な発言を嫌気し、IPO価格を割り込んだ。IPO価格をこれだけ早々に割り込めば、潜在投資家は買いを入れることを躊躇(ちゅうちょ)してしまう。リフト株はその後じりじりと下げ、6日は60.57ドルで引けた。

 どのような投資家がどの程度、いくらの水準で株式を購入するかなど、上場当初の値動きにはあらゆる要因が影響を与えるため、IPO価格の決定はいわば「職人技」とも言える作業だ。関係筋によると、リフトのIPOでは、スコットランドの投資会社ベイリー・ギフォードなど、業界関係者らが「安全な家」と呼ぶファンド会社に大部分が割り当てられた。ファンド会社は通常、株式を保有することが多い。

 これらのファンド会社が上場後数日間に売りに回った可能性は低いが、事情に詳しいトレーダーらによると、ソロス氏のヘッジなど他の売りを十分に相殺するほどのリフト株を購入することもなかった。主に、IPOで望んだ分のリフト株式を手に入れることができたためだという。

 一方、JPモルガン・チェースは株価安定の役割を任されていた。これは名誉ある任務であり、追加手数料や取引手数料などを得る可能性もあり、業界関係者らが獲得を競っている。モルガンは株価安定役として、株式をリフトから追加購入する「グリーンシューオプション」行使の是非を巡り、大きな役割を果たした。

 JPモルガンは上場2日目にグリーンシューを使って株価の安定を狙ったが、大量の売り注文に押され、総じて狙った効果が得られなかったようだ。IPOに参加した投資家の間では、JPモルガンが大量の売りを封じ込めるために、一段と積極的な買い支えができたのではないかとの疑問も上がっているという。取材した関係者は、身元を明らかにすることは拒否した。

 また関係筋によると、リフトはアイカーン氏の株式売却を阻止できた可能性があるが、阻止見送りを決めた判断も、運命の分かれ目として影響を与えた可能性がある。リフトは、創業者に追加の議決権を付与することに反対していたアイカーン氏を、株主から排除することに意欲的だったという。

 リフトの上場がさえない結果におわったことは、JPモルガンにとっても不幸な結末となった。同行は大型ハイテク案件の主要引受会社によく起用されるが、今回は有力シリコンバレー企業の注目IPOで主幹事に抜てきされた数少ないケースだった。その一環として、JPモルガンは数年ぶりの大型IPOと目されるウーバーとは、1年半は取引できないとする合意に署名することを余儀なくされている。
関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。
上昇銘柄は買い増し、
下落銘柄はCFDで売る。

国鉄標準型時計

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

    フジトミ くりっく365・くりっく株365口座開設プログラム

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブログ翻訳

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

私も始めました。

セミナー、YouTubeで情報発信、 大変役立ちますよ!

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです