世界の風Navi

米国株中国株倶楽部225ファンド SAWA                                                       「富への道は、あなたがそれを望むのであれば、市場(いちば)への道と同じぐらい平易なものである。それは2つの言葉にかかっている。“勤勉と倹約”、つまり、時間もお金も無駄にせず、その両方を最大限有効に活用するということだ。」 byベンジャミン・フランクリン

SoftBank World 2018 仕事が無けりゃ絶対行きたい。









孫正義 softbank 2018 7月 AI講演



AWS Summit Tokyo 2018



テンセント、決済サービス「微信支付」の米商業施設への導入を促進




 中国インターネット大手のテンセント(00700)は、買い物客がスマートフォンでQRコードを読み取って代金を支払える決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」の利用を米国市場で促進する方針だ。同サービスの国際業務を担当する殷潔氏は、「米国は我々が力を入れている市場の一つだ。7月以降、多数の米国の商店が微信支付を受け付けるようになるだろう」と述べた。現時点で利用可能になっているのは空港の店舗や免税店だが、今後は大型商業施設や有名レストランを手始めに、段階的に増やしていくとした。米CNBCが18日放送の番組で伝えた。

 微信支付のプラットフォームは対話ソフトの「微信(ウィーチャット)」。10億人を超える微信ユーザーのうち約8億人が微信支付を利用している。ただ、中国以外の国では微信の利用登録が広がっていないため、テンセントは中国人の海外旅行客を呼び込みたい外国の業者に微信支付の導入を促す戦略をとっている。殷氏は、米国でも中国人旅行者に人気のある施設や店舗を中心に導入契約を結んでいく考えを明らかにした。

 テンセントは昨年、微信支付を北米市場に普及させようと米国でスマホ決済サービス業務を手掛けるCitconと提携したが、これまでのところ目立った成果は出ていない。

今、ITで世界の仕組みが変わろうとしている、時代が変わる時は大体こんな動き、


ゲームの腕を競う「eスポーツ」が中国でブームです。プロが年俸4000万円を稼ぎ、専用の競技場も次々と建設、「実況者」を育てる専門学校まで登場。


「リスク回避の円買い」に異変ー日本の投資家は外国株買いに動く




日本の投資家からの外国株式への需要拡大を背景に、「質への逃避」で円が買われ値上がりするとの伝統的パターンに異変が見える。

  米中貿易摩擦の激化という通常なら円が買われる環境にもかかわらず、日本の通貨は3月末以降に5%余り下落。ドルに対して年初来安値付近まで下げた。



  日本の投資家は3月末以降、外国株を買い増しており、財務省のデータによれば6月29日終了週には過去最高となる9850億円を買い越した。円の4月初め以降の騰落率はG10通貨で英ポンドに次ぐワースト2番目。18日には1月以来となる1ドル=113円台の円安水準を付けた。


  三井住友信託銀行の瀬良礼子マーケット・ストラテジストは最近の円安について、外国株投資なども含めて、「日本から外向けにお金が出ているというところが大きいと思う」と指摘。米国の景気は良く、「足元の米国の企業業績も大変良い」と話した。

  為替ヘッジコストの上昇と債券値下がりで、米国債投資は妙味が薄れた。これに対し、米国株は魅力的。向こう1年で企業利益が27%伸びると見込まれるためだ。S&P500種株価指数は円建てベースで3月末以降に13%上昇。米国債はヘッジコストを計算に入れると0.6%のマイナスになる。




  ドイツ銀行の為替ストラテジスト、マリカ・サクデバ氏は先週のリポートで「株購入では総じて為替ヘッジはしない」と指摘。また、「世界的な株安局面を日本の年金基金が買いの好機と見て、リスクオフ時のドル・円の下げを抑えている可能性がある」と記述した。

  財務省のデータによると、4-6月(第2四半期)の外国株の最大の買い手は信託口座だった。信託口座は年金基金の委託先である場合が多い。

  日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は3月31日の時点で資産の約24%を外国株に配分しており、これは日本株の比率とほぼ同じ。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘投資情報部長は、GPIFがポートフォリオをグローバル化しているので他の年金基金も追随していると指摘した。

Amazon創業者 Jeff Bezosの純資産


クラウドサービス売上高の推移(Amazon AWS + Microsoft Azure + Google Cloud)

07/18のツイートまとめ

HSawa315

テンセントの音楽アプリ「騰訊音楽」ニューヨーク市場にIPO申請、市場価値300億ドル突破? https://t.co/iNXll03Fgg
07-18 20:30

【バロンズ】iPhone次期モデル、通信会社に脅威の訳 https://t.co/cNAEhk2cmr
07-18 12:46

IT大手の成長続く、競争力保つコストも膨大に https://t.co/0Yd8Cqp74C
07-18 12:38

【バロンズ】投資のプロ9人、今後の見通し https://t.co/zqlPzkqy46
07-18 08:02

ソーラーシェアリング完成見学会



クラウド市場でGoogle、Amazonを超えた アリババの多角化経営戦略 金融、医療、AI……

中国最大の電子商取引企業アリババグループ (阿里巴巴集団)。1999年に「アリババ・コム」を立ち上げたのを機に、「タオバオワン(淘宝網)」「Tモール(天猫)」「アリエクスプレス(AliExpress)」「1688コム 」など、多数のマーケットプレースを次々に市場に送り込み、瞬く間に国際舞台にのし上がった。

アントフィナンシャル・サービスグループ(蟻金融服務集団)で金融・決済市場、ツァイニャオ・ネットワーク (菜烏網絡)で物流市場にも参入しているほか、近年はAI(人工知能)・クラウド分野や医療分野への進出にも力を入れている。クラウド市場ではすでにGoogleやMicrosoft、Amazonといった欧米の大手IT企業を、成長率で上回っているというから驚きだ。

https://zuuonline.com/archives/182666

舜宇光学科技: 空売り会社「口撃」で株価下落、 会社は全面否定



http://ashuir.com/20180718%E3%80%80銘柄ピックアップ:舜宇光学科技2382hk/

Amazonが医薬品流通を変える? Apple、Google、MSも 加熱するIT企業の医療進出

医療・保険分野の一流専門家引き抜きなど、着々に準備を進めるAmazo

Amazonの医療分野進出が本格化しつつあるようだ。、自社サイト上でHIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)のコンプライアンス専門家を募集 していることなどが分かった。

https://zuuonline.com/archives/182747

ソーラーシェアリングシンポジウム(トークセッション「これからのソーラーシェアリングへ」)



Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資しファンド資産5億円・年間リターン20%を目指します。


社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社・投資信託

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 ★★アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで★★

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

お薦めです