世界の風Navi

陸マイラーSAWA、米国株中国株倶楽部225ファンド「大好きな事で稼ぎましょう」

D証券、キャンペーン商品届きました。

D証券、外国株買い付けキャンペーンでスタバ珈琲セットを頂きました。
ちょっと嬉しい。





ガソリン車禁止でBYDトップ「中国の車、30年に電動化」 自社電池を外部供給



 中国最大手の電気自動車(EV)メーカーである比亜迪(BYD)のトップの王伝福・董事長(51)は日本経済新聞などのインタビューに応じ、中国市場からガソリン車が消える時期が2030年になるという見通しを示した。中国政府は9月上旬、将来ガソリン車を禁止する意向を表明し、時期は検討中としていた。政策立案にも関わる王氏の発言から今後、急拡大が予想される中国EV市場の内情を読み解く。

09/22のツイートまとめ

HSawa315

https://t.co/QTFyljZcf6
09-22 09:11

https://t.co/PKl5kyggGw
09-22 09:09

https://t.co/k58r6ipkIZ
09-22 09:06

https://t.co/rDRcHiCX53
09-22 09:04

https://t.co/5qUJuebTkF
09-22 09:01

https://t.co/YOajyGGQ3S
09-22 08:51

https://t.co/Jfv2ErX10H
09-22 08:48

https://t.co/4hz5cZRwtP
09-22 08:41

アマゾンの利便性を「ビジネス」でも--法人EC参入の勝算を聞く https://t.co/HRVcXe4VSC @cnet_japanより
09-22 00:53

https://t.co/xI77HRe4He
09-22 00:37

BYD、ダイムラーとのEV提携強化へ-中国での新モデル展開を視野



中国の電気自動車(EV)メーカー、比亜迪(BYD)はドイツのダイムラーとの提携を強化する計画を明らかにした。化石燃料自動車の段階的な廃止を目指す中国市場に新モデルを投入するのが狙い。
  BYDを創立した王伝福会長は21日、深圳で記者団に対し、ダイムラーと折半出資で設立した合弁会社、深圳デンツァ・ニュー・エナジー・オートモービルへの出資拡大について協議していると語った。デンツァ・ブランドの車種拡充に両社ともに取り組んでいると述べたものの、詳細は明らかにしなかった。
  ダイムラーはデンツァ・ブランドのEV開発と販売で2012年以来、BYDと提携関係にある。BYDは今年5月、合弁事業に5億元(約85億円)を追加出資し、ダイムラーと対等にする方針を示していた。BYDには著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハサウェイが出資している。

審査に1秒!中国「超高速融資」の恐るべき実力



 屋台の肉まん売りや農村にまで金融サービスを提供する。アントフィナンシャル社旗下のネット銀行「網商銀行」(マイバンク)のフィンテック(新たな金融テクノロジー)は革命的だ。


http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10630?layout=b

躍進する中国FinTech、成長を維持できるか?

「韓国、アジアのFinTech先進国を狙う」では、韓国のFinTech事情に触れました。では、その隣にある大国・中国はどういう状況なのでしょうか。もちろん、かなり台頭してきています。一方で、中国特有のリスクも抱えており、一筋縄ではいかない様子です。

ランキング1位は中国企業

政治問題もあるため、日本における中国ニュースはどうしてもマイナス面が多くなります。ビジネスニュースが極端に少ないので、発展しているのか遅れているのか、よくわからない人がほとんどでしょう。そのため、実はFinTechが相当進んでいると聞いたら驚くかもしれません。

世界4大会計事務所(Big 4)の一角KPMGは昨年末、世界19ヶ国100社のFinTech企業を対象に調査し、「世界で最も成功しているFinTech企業」をまとめました。すると、首位に輝いたのは、中国初のオンライン保険会社「衆安保険(Zhong An)」だったのです。しかも、同社を含めて7社もの中国企業がトップ50入り。昨年はわずか1社しかランクインしていなかったのですから、かなりの躍進ぶりです。しかも、ローン決済対応のオンライン小売業者の「趣分期(qufenq)」は4位、P2Pレンダー「陸金所(Lufax)」は9位。なんと3社がトップ10入り。

これらのことがどれほど凄いかがわかるのが、FinTech先進国イギリスとの比較です。実は、イギリス企業は50位内に6社という結果。数だけなら中国がイギリスを抜いたのです。

またKPMGは今年に入ってからも、豪FinTechベンチャー投資企業のH2ベンチャーズと共同で、「FinTech100」というランキングを発表しました。ここでも「衆安保険」が1位に選出。寂しいのはランキングの中に日本企業の名前がなかったことです。

中国の強者連合によって誕生した衆安保険

それにしても、期待のFinTech企業として世界第1位に輝いた衆安保険とは一体どんな会社なのでしょうか? とても気になりますね。

同社は2013年に設立されたスタートアップ。立ち上げた企業のひとつは、中国最大の電子商取引企業であるアリババグループ(阿里巴巴集団)。アリババといえば、2014年にニューヨーク証券取引所に上場し、25兆円という巨額の時価総額を記録したことで世界を驚かせました。

そして、そのアリババの共同設立者が、テンセントホールディングス(騰訊控股有限公司)と中国平安保険(集団)。テンセントという企業は日本ではまったく馴染みがありませんが、中国で知らない人はいないほどの企業です。同社の主要サービスは、「WeChat(微信)」と呼ばれるSNS。LINEとほぼ同様の機能を持っており、中国での普及率は圧倒的です。現在ほとんどの中国人が、WeChatを使ってコミュニケーションを取っているといっても過言ではありません。

つまり衆安保険は、中国を代表する強者による連合で誕生した企業であり、ベンチャー的なスタートアップとはまったく異なるといえます。インターネット専業の損害保険会社としては中国初でありながら、提供するサービスは世界最先端なのです。

同社が主に展開しているのは旅行、傷害および健康保険。ビッグデータ技術をフル活用しており、保険商品の設計、自動引受や保険金の自動請求、マーケティング、リスクマネジメントなどを的確に行っています。経済発展に伴い、中国人のライフスタイルは激変しています。平均的な保険商品を作るのは困難な中、同社はパワフルに新しい層を開拓し続けています。

チャイナリスクをどう乗り切るかが課題

では、中国FinTechの見通しは明るいかと言えば、そう断言できる人はいないでしょう。なにしろ中国は政府主導で経済をコントロールしている国家です。好調なときは好調ですが、上海市場大暴落(2015年)のような事態が起こると、政府の介入がかえって混乱に拍車をかけます。

もうひとつ、中国は全般的に極端な面があり、衆安保険のように目覚ましく発展している企業もあれば、非常にずさんなスタートアップも多数存在しています。最近は、過熱するFinTechブームを懸念する中国政府が、融資基準のゆるい企業に圧力を強めているという話もあります。今後の展開については、まだまだ楽観できないでしょう。

https://www.change-makers.jp/news/11128

アマゾンの利便性を「ビジネス」でも--法人EC参入の勝算を聞く





—このタイミングで法人向けEC事業に参入した理由を教えてください。

フレイザー氏 : 私たちは長い間、ビジネスカスタマーのニーズに答えたいと思ってきましたが、商品調達や購買の面ですべての機能がそろっているわけではありませんでした。そのため、必要とされている機能をウェブで提供するにはどうすればいいか、ビジネスカスタマーが特別な体験をするにはどうすればいいかを考えてきました。

 その結果として、まず米国で2015年4月にアマゾンビジネスをローンチしたのですが、これが大きな成功を収めました。初年度で売上高は10億ドルに達し、最近アナウンスしましたが顧客数も100万を超えています。そこで、ほかの国にもできるだけ早く展開しようということで、2016年後半には独国、2017年4月には英国でもローンチしました。いずれも滑り出しは非常に好調ですので、日本でもローンチすることとなりました。

https://m.japan.cnet.com/story/35107516/

玖龍紙業、17年6月本決算は純利益3.9倍(速報)

09/21のツイートまとめ

HSawa315

7月の訪日外国人 過去最高の268万人:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京ビジネスオンデマンド https://t.co/66eFEAA5KW
09-21 23:56

https://t.co/nslCL20WxM
09-21 22:22

https://t.co/hLAI957hbN
09-21 22:20

https://t.co/HhTdA2Mt1w
09-21 22:11

https://t.co/4wADd8dJjf
09-21 08:38

https://t.co/YBik3tjyKk
09-21 08:36

https://t.co/Md8lQGyzh7
09-21 08:35

https://t.co/CntpUSpKpv
09-21 08:34

中国自動車産業の新常態 ~ルールチェンジがもたらす変化~



https://www.hkpost.com.hk/20170907_3306/


Menu

ブログ翻訳

国鉄標準型時計

FC2ブログランキング

FC2カウンター

プロフィール

sawa

Author:sawa
中国株・日本株・米国株を中心に投資し資産3億円を目指します。

社会の基礎を成す分野で、長期的に競争力を維持出来る企業を探し
社会に欠かせない事業分野に投資する。

株式市場はハイ・クオリティの会社を低価格で売ってくれることがある。
このときこそ、楽に金儲けができるチャンスだ。
上昇を待つばかりの株を安値で買う。

(成長率+配当利回り)÷PER
 =1.5基準
   2.0以上期待大
   1.0以下期待薄

証券会社

情報収集が勝利のカギ、最低3社は口座開設を スタートGO!!

   

SBI証券・楽天証券は、外国株特定口座

カテゴリー

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

メールフォーム・ご意見感想をご気軽に

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

経済指標

FX経済指標

為替ニュース

パーツ提供:FX比較のALL外為比較

ロイター

情報収集で勝つ!!

私も参加しています

旅行でちょっと息抜き

人生2倍楽しむマイル生活

アメリカン・エキスプレス・カード ポイントは無期限。 マイルも、より多く貯まります。 カードご利用金額100円=1ポイント 「オンラインでカード番号を入力するのは不安」という方もご安心ください。インターネット上でのカード不正使用による損害を全額補償いたします。 アメリカンエクスプレスカードのお申込みはこちらで

株投資を始める前に読みたい本

お子様の能力アップに

ネットで副業!!

DIY・不動産でらくらく楽しく収入

おすすめ情報